崔如琢陽光美術館内覧会、オープニングセレモニーにて。
< 令和元年 7月13日(土)>

 崔如琢陽光美術館内覧会、オープニングセレモニーに招待され、原田義昭環境大臣、山谷えり子前拉致問題担当大臣、木村義雄参議院議員、柳本卓治参議院議員他と参加しました。

 崔如琢先生は、中国で最も著名で、人気、実力ともに最高峰の現代中国水墨画家、指墨画家の一人です。
 春夏秋冬の四季が織りなす中国の雄大な自然と動植物を、ダイナミックかつ緻密に描いた崔如琢氏の作品は、魅力にあふれ、観る者を情景の中に強く引き込んでいきます。

 当美術館は、崔如琢先生の作品を専門に展示する伊東にある崔如琢美術館に次ぐ国内二番目になります。
 日本と中国の民間の懸け橋として、将来にわたり、中日両国民の親善友好をさらに深め、文化交流の推進と、東洋芸術価値の向上を目的として設立されました。
場所は、東京都港区虎ノ門3-22-14の地下1階から3階です。より多くの方に崔如琢作品の持つ魅力に親しく接して頂きたいと考えております。




<デジカメ活動写真館TOP>