謹賀新年
<令和3年1月1日(水)>

「新年祝賀の儀」が皇居宮殿で、参加者を大幅に絞り徹底した感染対策の下、厳粛に執り行われ国民の代表として拝謁いたしました。
天皇陛下からの「年頭に当たり、国民の幸せと国の発展を祈ります」とのお言葉が、今年ほど重く感じられたことはありません
 正月返上で、尽力いただいている医療関係者をはじめ全ての方々に心から敬意と感謝をしつつ、18日召集予定の通常国会において国難に立ち向かう特措法改正を1日も早く実現出来るよう責任世代の政治家として汗をかいて参ります。
 東京の空は晴れ渡っていました。合わせて、「争い合う時代から許し合う時代」の実現を、政府開発援助等に関する特別委員長としても決意を新たにしております。
 本年もよろしくお願いいたします。



<デジカメ活動写真館TOP>