フリーランスの家賃支援について
 
要望内容 担当役所別 回答
フリーランスの仕事か゛減り家賃か゛払えなく、市営住宅た゛と抽選になってしまうのて゛、公営て゛安いところか゛ないかと探し、URの賃貸住宅て゛以前より安い所を見つけて引っ越しました。 入居審査て゛、十分な収入か゛あるか、そうて゛ない場合一年分の家賃を前払いて゛払うかと゛ちらかしかなかったのて゛、フリーランスて゛十分な収入か゛無いために親にそのお金を借りて捻出しました。 家賃支援は、おそらく家主に直接支払われる制度かと思いますか゛、私のケースのように、すて゛に一年分前払いて゛URに支払済の場合て゛も、URに確認していたた゛けたら払い込み済みた゛とわかるのて゛、支援金の分を本人に振り込んて゛もらう等のことも考慮していたた゛けたらと思っています。 厚生労働省 家賃支援につきましては、住居確保給付金による支援制度がございます。 住居確保給付金は、休業等に伴う収入の減少により、住居を失うおそれが生じている方について、原則3ヶ月、最大9ヶ月の家賃相当額を支給する制度です。
支給に当たっては、収入や金融資産が一定額以下であること等の支給要件があるほか、確実に家賃に充当されることを確保するため、毎月の家賃相当額を自治体から家主へ直接振り込むこととしております。 そのため、ご相談者様におきましては、お住まいの自治体の自立相談支援機関へ住居確保給付金の支給要件などをご確認いただき、URから前払いした家賃の返金についてご相談されたうえで、月払い契約に変更いただくことで支給対象となる場合があります。
住居確保給付金の概要についてのご紹介サイト:https://corona-support.mhlw.go.jp/
自立相談支援機関の全国一覧掲載サイト:https://www.mhlw.go.jp/content/000614516.pdf