元産業医のワクチン接種協力について
 
要望内容 担当役所別 回答
私事となりますが、この3月末まで専属産業医として勤務しておりましたが、業績不振を理由に3月末で契約満了となってしまいました。
現在求職活動中ですが、在勤中は社内の新型コロナ対応を優先して求職活動を控えておりましたので、4月から本格的に求職活動をしても時期を逸したため、なかなか産業医案件が出てこない状況です。
3月末まで勤務していた会社は医療機関登録をしておりましたので、ワクチン接種対象者として登録をしておりましたが、通知が来る前に退職してしまいましたので、いまだ接種ができておりません。
今のワクチン接種のための医師や看護師が不足しているという報道を見るにつけ、自分も協力したいのは山々ですが、ワクチン接種をしていないことで私が感染して高齢者や基礎疾患を持った方へ感染させてしまうリスクがあり、また、接種で毎日100〜200人の人達と接することで、私が感染し、さらには家族に感染させてしまったらという不安もありますので、なかなか一歩が踏み出せずにおります。私も一日も早く微力ながらワクチン接種にご協力したいと考えております。



厚生労働省 (御回答)
厚生労働省「医療のお仕事
Key-Net」と、NPO「医師のセカンドキャリアと地域医療を支えるネットワーク」が支援しているSave the townという新型コロナウイルス接種医師募集サイトで連携し、ワクチン接種に関する医師のマッチングを行っております。(Save the town HP https://covid19-vaccine-md.jp/
また、上記のHPを通じてご応募いただいた方にはSave the town の事務局(国際事業総合研究所)を通じて、ソフトバンクグループが社会貢献事業として行うワクチンの大規模接種会場を予約いただくことも可能となりますので、事務局ともご相談の上、ご活用ください。