ワクチンパスポートの課題と見通しについて
 
回答
政府としては、9月9日に開催された新型コロナウイルス感染症対策本部において、「新型コロナワクチン接種証明の利用に関する基本的考え方について」を政府決定し、接種証明の活用に当たっての留意点をお示ししています。
接種事実の証明としては予防接種済証も利用可能であることをお示ししており、ワクチン接種証明書については、現段階では、海外渡航向けとして発行事務を各市町村で実施していただいておりますが、今後、年内を目途にデジタル化を実現できるよう検討を急いでおり、そうしたデジタル化ができてくれば、ワクチン接種証明書を国内でも活用していただくということも想定されると考えております。
担当役割所:内閣官房 副長官補付