◆マガジンタイトル
■■■参議院議員 松下新平 メールマガジン■■■
◆発行周期
金曜日
◆登録・解除フォーム
Powered by まぐまぐ

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:
◆メールマガジンサンプル

==================================
      ■■■参議院議員 松下新平 メールマガジン■■■

      − Matsushita Shinnpei Mail Magazine −
         第 284 号
                          原則 金曜日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━【今週のひと言】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは、松下新平です。

 今週の国会は、休日返上で提出された補正予算審議が行われ、2日参院本
会議で、補正予算が成立しました。
 私は、連休中の4日と5日で福島県に再度視察に行きました。今回は、原
発事故によって、町ごと一時移転を余儀なくされている大熊町を受け入れて
いる会津若松市を中心に視察しました。
 特に、大熊町長の要請を受けて、菅家会津若松市長が、市内の現在使われ
ていない校舎を、英断で、大熊の子供たちのための学校として提供し、分散、
分断されていた町民が、口コミで集まり、入学式で、子供たちの笑顔が戻っ
た話が印象的でした。もちろん、子供たちに引っ張られ親御さん、じいちゃ
ん、ばあちゃん、ご近所の皆さんも新しい地でコミュニティに戻ったのです。
大熊町のアイデンティティーが守られることによって、住民の意識、団結力
が強化され、これからの復旧、復興への確かな勢いが感じられました。

 一方で、課題は山積しています。義援金も連休明け配布のための準備中で
した。一部の小さな自治体での義援金支給が報道されましたので、沢山の問
い合わせがあったようですが、今後の住民基礎台帳としての活用もあり、慎
重に丁寧に作業がなされていました。
 二重債務の問題、土地の利活用の問題など中長期の課題が山積しています。
国の責任において、スピード感を持って取り組むことは言うまでもありませ
んが、先ずは、一刻も早く、段階的な復旧、復興の見通しが必要です。

 前述しました、大熊町の子供たちを受け入れた会津若松市は、赤心、白虎
隊を生んだ日新館という教育の歴史があります。入学式で、菅家市長は、涙
ながらに激励されたそうです。
 教育は、恵まれた環境だから出来るわけではない、むしろ、皆さんが将来
の大熊町を再建する気概こそが教育です。
 困難はありますが、先人も見事乗り越えて今日の日本があります。大熊の
将来は皆さんにかかっています・・・。

 4回目の被災地視察となりましたが、地域によって、復旧の度合い、ニー
ズの違いがあります。さらに、きめ細やかな対応が求められます。私たちも、
少しでも応えるべく、情報交換を密にし、必要とあらば、何度でも被災地に
出向きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆いますぐ、まっすぐ 松下新平ホームページもご覧ください
            http://www.shinnpei.com

     携帯からもご覧いただけます     http://www.shinnpei.com/i

      「デジカメ活動報告」にて随時写真で活動報告中



       ツイッター登録はこちらから http://twitter.com/shinpeim
    ツイッターアカウント@shinpeimです。

    mixiミクシー http://www.shinnpei.com/bbs/bbs_1.htm

    facebook http://www.shinnpei.com/new_frame.php?page=face

    自由民主党 http://www.jimin.jp/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご質問・ご意見・ご感想はこちらへ:new@shinnpei.com
○転送・転載は大歓迎です。
○いただいたご意見・ご要望などは、必ず松下本人が目を通しますので
  お気軽にメールでお送り下さい。

◎メルマガの配信解除はHPの<登録・解除フォーム>で出来ます。
 メールアドレス変更もこちらのURLで可能です。
     http://www.shinnpei.com/magazine_s.htm
◎配信解除・メールアドレス変更は<まぐまぐ!>さんでも出来ます。
     http://www.mag2.com/m/0000101700.html

==================================
■編集:松下新平事務所
■発行:松下新平事務所
  東京都千代田区永田町2−1−1 参議院議員会館824号
      Tel:03-6550-0824          Fax:03-6551-0824